佐々木大光(中3)is世界平和

「かんちがい」

ヲタクでいることの話。

 

 

 

くっそドアホJKの書くこんな底辺自己満ブログ、開いてくれてありがとうございます!!!(土下座)

 

askでも常に思ってるんだけど、好きですって伝えてくださる顔の見えない皆さんが私は好きです。理論脳だから「「好き」の定義は〜」とか考えちゃうめんどい脳みその私が、好きだ!って理屈でなく自信を持って言える。好きです!好きだ!すき!Suki!

 

 

 皆さんが私の生活に色を付けてくれてること。これ間違いないから。ありがとうございます…素晴らしいことだよマジで…大光さんに感謝…ジャニーズに感謝…

 

 

今回ね、書きたくなった理由が(「りゆうが」で龍我って予測変換出てきたコワイ那須なのかな)

 

 

 

関ジャニのヤスの

「アイドルの本質は都合のいい存在であること」

って記事にめちゃくちゃ触発されて色々思うことがあったんですよ。半年前くらいの記事かなあ。もうこの見出しの一文だけで「わかるそれなわかる!それだ!それだよ!(滲み出る偏差値)」ってなったやつ。

 

今回の結論はまだわかんないし、今思ったことをそのまま書いて整理して、1人で自己解決したいな、って。それを文字にしたいなって思ったの。今回(も)つまんないよ。いいかな。やべえつまんないよ。迷走しまくりだよ。

 

 

 

 

 

私の中の「アイドル・ファン」の定義

 

前に大光くんと紫耀くんのブログを書いた時に色々述べたと思うんだけどあの時は結果が見出せなくて、モヤモヤしまくった結果「私は私なりにヲタクでいることを楽しむ!なににもとらわれねえ!担当の定義は人それぞれ!」って全部ぶん投げたんだよね。

 

 

きっと私が今ここでいろいろ述べたところで響く人響かない人色々思う人いるだろうし、同じ言葉でも捉え方はそれぞれだし、言葉は抽象的だから「わかってるようでわかってない」が当たり前の世界で、全てがわかるなんてことありえないし、個々には分かり得ないことなんですよ。私が、私の感情にハマる言葉を見つけて発信したとしても捉え方が違ったら私の感情は届かないんだよね。それはもう人間の本質的な問題になっちゃうんだけど。

 

それを理解した上でお読み頂けたら嬉しいです。

(ごめん私今日猪狩先輩みたいなことめちゃくちゃ言うかもしれない。)

 

 

あくまでも私の意見です。

強要してるわけではないし、一種の「そういうタイプのヲタク」って箱にしまっておいてくれれば嬉しいです。箱はたくさんあるよ。たぶん同じ箱に入ってるヲタクって数名しかいないんじゃないかな…

 

100%分かり合うのは個人である限り無理だろうけど、ちょっとでもわかる!って私と近い箱にいるなら仲良くなりたいし、むしろ全然理解できないなら思ったことを教えて欲しいです。それでこそ人間。楽しい。

 

言葉にする時、何事に関しても正解はないんじゃないかなあ。「意見が違う」は批判じゃなくてただの"個人"にしか過ぎないんです。(訳:ひはんこわい)

 

このブログ読んでムカついたなら批判になりますね…それは是非教えて欲しいです…秒で消します🙏🏻

 

 

 

 

 

前置きはこれくらいにしておくね。

 

ヤス。

その発言をヲタクが押し付けるわけでもなく、アイドルご本人の口から発せられたことに何よりもの意味があって。それが素敵で、漠然としてるんだけどどうしようもなく愛しいと思ったの。ぎゅーって、きゅーってなった。いとしいだよ。

 

 

切なくもなったけどね。

 

私たちはきっとアイドルがいなくても生きていけるけど、日常に濃い色をつけてくれるのは紛れもなくアイドルで。

それはきっとジャニヲタに限らず熱中できるものがある人みんなそうだよね。

 

応援するのが楽しくて、毎日に色がついて、いろんな景色を見れて、今までにないことを経験して、きっともう戻れない。だって楽しいんだもん。

 

もしかしたら「応援すること」で自分の存在価値を見出したり、「楽しい」だけじゃない理由の時だってあるよね。悲しい感情があるから縋る時だってそりゃあるよ。それもアイドルが都合のいい存在でいてくれるから。

 

 

でも、今の趣味を越す趣味が見つかったら。もっと楽しい世界があったら。「あのひとの成長」を辿って行ったら「楽しい」がそこにあって、越す物が見つかったら、越す相手が、もっと大切な何かが見つかったら。情を捨てた先になにがあるのか。

 

なんて、寂しいこと言いたくないけどね。きっと、うん、人間ってそうなんだよ。(言いたくない)

 

 

どんな趣味もきっと主導権はこちらにある。

 

たぶん「都合のいい存在」ってそういうこと。

 

頼まれて応援するなんておかしいしね。

 

 

 

でもこれは私たちファンが主観の話。

 

 

 

 

 

 

自分がアイドルだったらって考えてみたんだけど、

明日、自分を好きでいてくれるかわかんないファンの子をどうやって幸せにできるか。みんなみんな、今日と明日の勝負なんだ。って。

夢はデビュー!って公言してたとしても、それって今目の前にいるファン一人一人が命取りでもあり、命の恩人でもある。今日好きでいてくれてる子に明日も好きでいてもらわなきゃいけない。そもそもデビューする方法はそれしかなくって。

 

そんなの、毎日が戦場よね。

 

人間だから私情が挟まることもあるだろうし「みんなが笑顔になれるように活動してる」きっとそんなの二の次だろうし、業務的。ヲタクを繋ぎ止めるための策略かもしれないし、本当に思ってる部分はあったとしてもそれが自分にとってもヲタクにとってもメリットでしかないことだから公言できる。アイドルを信用してるしてないの話じゃなくて、それが当たり前であり、人間としての本能だよなあ。(夢の定義について考え始めそう)

あんなに大勢イケメン思春期男子がいて、全員が全員「人のために生きたい」って思ってるわけないじゃないのなんて誰もがわかってる上で口に出さないじゃん。ずるいじゃんそんなの。

 

でも、「誰かが自分の力で笑ってくれる。」

それが嬉しいのも絶対だと思うし、それも人間の本能だと思う。

自分のためか、人のためか、なんて情緒によって比率は変動するとも思うけど。

 

これはアイドルが主観の話。

 

 

 

余裕を持てたデビュー組のヤスが言えた言葉が「アイドルの本質は都合のいい存在であること」

 

 「頼りたい時に頼ればいいし、離れたいなら離れて生活を謳歌しなね」を難しく言った感じなのかなあ………

 

そりゃあヤスだって人間だから、全員が離れて行ったらシンプルに悲しいと思うし、私だったらくそ病む。むり。まぢむり卍

 

自信と、自信を持てるくらいの実力と、ファンとの信頼がそこにあるから言えたことであるのは間違いないと思うんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

何かを考える時、必ず一度は相手になってみるの脳みそで。100%は理解できなくとも見えるものが必ずある(気がする)

 

 

ヤスがどんな人間なのかは知らない。私は全く知らないけど、関ジャニ∞のファンでもないただのジャニーズjrのファンの私が、ヤスの言葉にこんなに感化されて動かされて色々考えさせられるって、なんか、エモい(語彙力)

 

 

 

色々掘り下げてみたけどね、結論は、うん、結論は、ヤスの言葉でしかなかった(白目)

 

まあ逆に言ったら、私の書いたこのなっげえスッカスカの文章をぎゅっと濃密に簡潔に伝えてくれたのあの一文。あの言葉が頭に浮かんだヤスの脳みそって天才すぎてやべえわ……

 

それが他の誰でもない当事者の口から発せられたことにも意味があると思うし。

 

 

まあ私は!!!

これから先、もしかしたらもっと楽しい趣味を見つけるかもしれないし、他の生き甲斐を見つけるかもしれないし。もちろんこれからもずっと応援するつもりだけど、そんなの今日の私が言ったところで説得力なんて少しもないから、

 

 

でもね〜、いい?いい?

 

 

 

紫耀くんも大光くんも、2人を見てきたことで作り上げた環境も友達も、思い出も、手放せる気がしない。

 

 

 

未来に説得力はないけど、過去に説得力は存在するから、「傾向」は無視していこう。「好き」「楽しい」それだけでいいや。

 

 

頼っていくよ。都合のいい存在に頼りまくるよ。

 

そのうち頼ることでしか生きていけなくなって、都合のいい存在どころか、世界の中心になっていくの

 

これをと呼ぶんですよね…。